タウシュベツ

最近、いよいよ崩落か、という情報が話題のタウシュベツ。

ダムに沈んだ旧線のコンクリートアーチ橋です。

満干、凍結を繰り返し、

少しずつ自然に還っていきます。



ここを通っていた頃は、

さぞかし

のどかな車窓だったのでしょうね。




スポンサーサイト

檻の中から

廃サファリ。

檻の中にいる動物の気持ちを体験できます。

でも、見方によっては

見ている人間の方が、囚われの身。


すでに獣臭もなく、

でも、

時は止まっています。




朽ち行く廃校

かつての音楽室。

オルガンも雨ざらしで

朽ちていきます。

あと、どのくらいもつでしょう。


歌声が響いたこの場所も、

今は、虫と風の音がかすかに聞こえます。



夏の夢

人が去った夏の終わり。

うち捨てられた看板。

今となっては悲しげなキャラクター。


遠い、

夏の夢のはなし。


とある廃線跡にて

ローカル列車のかわりに、

ポツリと、

自家用バス。

もう、何年になるだろう。


賑わいの時も

遙かな昔。

草木が静かに包み込みます。






NEXT≫
Blog Lanking

ランキングに参加しています。

↑よかったらボタンを押してください♪

Profile

LOCAL

Author:LOCAL
場所:北海道
所属:めもりある探検隊
昭和の香りが大好きです。
きままにやってます…

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recent article
過去の記事もご覧ください
Links
黒ねこ時計
Counter
Archive
Category
Comments
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム