富良野

ふらの。北海道のヘソ。

北海道的には「」らの というのが自然だと思っていたが、

本州の方が ふ「らの」と、後ろにアクセントをもってくるので、

最初は驚きました。

このイントネーション、アナウンサーも北海道と内地は違います。

でも、そんな言葉は、他にもいろいろあるようで…



それを内地の人が聞くと、

「訛ってる」というのでしょうね…。


スポンサーサイト

引っ張られて

大きな機関車が復活。

かつて北海道の大自然を駆け抜けた、

最大級の機関車。

火は入っていないけれど、

車輪は立派に動きます。


シリンダーのシュッシュッという音と、

後ろの気動車の排気で、

意外にも、走っている感があるのです。



大と小

今や懐かしの蒸気機関車

小さい方は現役です。

保存車に負けていません。

なかなかの力強さです。


煤臭くて、

人間っぽくて、

やっぱりいいですね。



出場

整備を終えて、

いざ出場。

そろり、そろりと

進んでいきます。



今日は

どんな出会いがあるのでしょう。



あしもい

ブームは去って

今はひっそりとしていますが、

作り物でも、

こんな風情があると嬉しい。


木造むきだしの建物も

ずいぶん少なくなりました。



NEXT≫
Blog Lanking

ランキングに参加しています。

↑よかったらボタンを押してください♪

Profile

LOCAL

Author:LOCAL
場所:北海道
所属:めもりある探検隊
昭和の香りが大好きです。
きままにやってます…

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent article
過去の記事もご覧ください
Links
黒ねこ時計
Counter
Archive
Category
Comments
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム