FC2ブログ

トンネルを行く

山の探索には、

必ず複数で行きます。

もちろん安全管理、

それと、楽しみの共有です。



さあ、トンネルを抜けて、

さらに奥へと進みます。



スポンサーサイト

碍子タワー

碍子てんこもりの大電柱。

どんな風に使われていたのか、

今では知るすべも無く、

たった1本残っていました。

とても芸術的なタワーのようです。



あ、碍子。

ガイシ と読みます。






とある通風洞

産業遺産にて。

コンクリートで密封された通風洞を

隙間から覗きます。

中には、階段。

昔、ここをゆっくりと登っていったのでしょう。

風を送る巨大な管。

ただの管なのに階段がある不思議。



山の中には、

巨大な遺構が

まだまだあるかもしれません。

建設中のように

廃墟は

木や鉄が自然に還り、

コンクリだけが、最後に残る。

それは、まるで

建設中の建物に逆戻りしているように

感じます。



そして、やがて、

すべて自然に還ります。


まるで民家

石碑がなければ、

まるで民家。

もう、ホームもありません。

廃駅のいま。


でも、

こうして残してくれている、

心意気に敬礼です。

なんとも、のどかです。

NEXT≫
Blog Lanking

ランキングに参加しています。

↑よかったらボタンを押してください♪

Profile

LOCAL

Author:LOCAL
場所:北海道
所属:めもりある探検隊
昭和の香りが大好きです。
きままにやってます…

Calendar
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Recent article
過去の記事もご覧ください
Links
黒ねこ時計
Counter
Archive
Category
Comments
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム