雪の廃墟

木造部分は崩れ、

コンクリだけが残る廃墟。

雪も容赦なく積もり、

春まで、時がとまります。



凍ったり融けたりを繰り返し、

この壁もやがて朽ちていきます。




スポンサーサイト

第一坑

立派な坑口です。

ここから毎日、

何人もの人が入ったのでしょう。

今は、コンクリとしみ出る水が

往時を偲ばせます。


この先も

ずっとこのまま残り続けてほしいものです。



秋の一コマ

ここは、昔、

貨車がたくさん出入りしたホッパ。

今は、すすきが

そよ風になびいています。



そして、もうすぐ、

雪に包まれます。



景品は何

とある産業遺産。

打ち棄てられて埋もれたベルトが、

なんだかハンドルみたいです。

これを回すと、

上の口から何かが出てきそうで…。



ちょっと妄想が過ぎました。

でも、

そんなコンビネーションで…。




ある夏の日

奔別。

巨大立坑が残る、

産炭地。

遺産の錆は増えても、

周りの草花は、毎年新しい。



時の流れを少し感じた

ある夏の日。




NEXT≫
Blog Lanking

ランキングに参加しています。

↑よかったらボタンを押してください♪

Profile

LOCAL

Author:LOCAL
場所:北海道
所属:めもりある探検隊
昭和の香りが大好きです。
きままにやってます…

Calendar
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Recent article
過去の記事もご覧ください
Links
黒ねこ時計
Counter
Archive
Category
Comments
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム